2016年5月27日金曜日

スネークヘッド情報

どうも、ジュンドラスです!書くことが無くて困っていたのですが、どうせだし飼育生物について細かく?書こうと思い・・・『第一弾!スネークヘッドについて』ってことで書いていきまーす


①スネークヘッドってどんな魚?

スネークヘッドはアジアアフリカに生息する肉食魚です。日本にも雷魚などのスネークヘッドが生息しています。小型なものは20cm前後で大型なものは1m近くまでなります。一番の特徴は空気呼吸するところです。鰓の上部に上鰓器官を持っており、口で吸いこんだ空気を取り込みを行います。種類はとても多く未記載種も多くいます。そのためショップではスネークヘッドspやインボイスネームで売られています。種類は多すぎるので、今回は飛ばします(;一_一)


②飼育方法

一番大事なのは、飛び跳ねを防ぐことです。おそらくスネークヘッドの死亡事故の一番の理由は飛び跳ねだと思います。隙間という隙間をふさいだ方が無難です。実際飼っていたスチュワートスネークヘッドも飛び跳ねで死んでしまいました。この時も体の幅もないぐらいの隙間でした。
後は肉食魚なので水をよく汚すので濾過をしっかりしてあげた方がいいです。
でも水質はあんまり気にしなくてもいいと思います。中性から弱酸性ってとこですかね。汚すぎると拒食になります・・・。餌付けるのはとても簡単です。しかし、よく慣れて可愛くてたくさん餌をやってしまう気持ちは分かるのですが、肥満で死ぬこともあるそうなので・・・気を付けてください。

隠れ家も必要だと思います。入れすぎるとスネークヘッドがあまり前に来なくなります。実際にたくさん入れたときは、出てこなくなりました。適度に入れるといいと思います。

適度ってどのくらいや!   …個体差もありますし、塩ビ1本と流木ちょっとと水草かな((+_+))
僕の飼育設備はこんな感じです(参考程度に)

水槽:60cm規格
フィルター:GEXグランデ600(上部フィルター)
ヒーター:メタルオートヒーター(春・秋は26度、夏は28~29度ファンと併用で保ってます)
底床:ファントムブラック
魚:インディアンスネークヘッド

飼育自体は難しくないです。大型種は飛び跳ね以外にもガラスに突撃して割ることもあるそうなので・・・気を付けてください☆


③病気・怪我

特に気を付けなければいけない病気はありません。基本病気にはなりませんが、飛び跳ねによるスレ、その傷口から菌が入り水カビ病・白綿病になることはあります(実体験)。なったとしても焦らずまずは水温を上げて3日ほど見てください。スネークヘッドは薬浴に弱いのでいきなり薬浴は控えた方がいいと思います。実際にやった時はその後は元気ではあったのですが、少し餌食いが悪くなりました。

④混泳

基本混泳はできないと考えた方がいいです。できてニューレインボーSHぐらいですかね。
僕もしたときはつくづく失敗です。まぁインディアンなので気性は荒いほうですけど。失敗経験です。

一回目:スチュワートスネークヘッド この種も気性が荒いのですが、その時はあまり情報がなか
                       ったので。このときはインディアンがいじめられました。
二回目:アフリカンナイフ 2日目にやられました。。。アフリカンから少し出血が!?ってので急
                いで隔離しました。今ではとっくに治って、人なれもしてます。

こんな感じですね。はい、どの魚にもいろいろ迷惑をかけたと思います。成功例としては(あくまでうちの個体の場合です)、スポッテッドトーキングキャット(ヒーターによるやけどで・・・)、グレータイガープレコ(今では隔離しているのですけど、今の方が調子はいいです)です。ナマズには興味をしめさないんですかね・・・?

⑤最後に

僕が飼育してきた中で得たものなんで信憑性はわからないですが、愛情があれば応えてくれると思います!よく人にもなれますし可愛いやつです。最近ガーパイクも特定外来になるのか、ならないのかというところですが、熱帯魚に限らず生物はしっかり飼育してあげてください!あんまり参考にならなかったかもしれませんが・・・ちょっとでも、ほんの少しでもって思ってます。

インディアンスネークヘッド


ドワーフスネークヘッド

0 件のコメント:

コメントを投稿