2016年6月14日火曜日

第二弾!!

こんにちわ~ ちょっと夏バテしてきている気もするジュンドラスです。
今回は、第二弾ということでドラス(ナマズ)について書こうと思いまーす!
まずは写真です。ドーン!
中心のデブちゃんがドラスのうちのアカンソドラスです。
ナマズの飼育についてはあまり情報がないような気がします。(特にドラス)タティアについてはそこそこといった感じですかね・・・。ドラスが分からなくても、トーキングキャットと聞いたらわかると思います。・・・一緒です!これはまぁ予備知識ということで・・・。


 ①ドラスって??



ドラスは、ナマズ目のドラス科に分類されその中でもAcanthodoras属、Agamyxis属…あ~!ってこういうのは僕も詳しくないです。知ってるのはあと2属ぐらいです(;一_一)興味がある人は調べてみてください。ドラスはーキングキャットと呼ばれるように、鳴きます。胸鰭のとげをこすり合わせてたりして鳴きます。サイズは3cmから1m以上までと幅広いです。有名どころで行くとホワイトライントーキングキャットやスポッテッドトーキングキャットでしょうか。ドラスのかっこいいところはこの鎧のような体ですね。その割にはとても温和でいいやつです。
 

↑ スポッテッドトーキングキャット(ヨシドラスのような気も)
                            


②飼育方法

コツは?と聞かれると答えることは一つです。

無いです


…えっ?
コツは正直ないです。愛情を持って接してあげればうまく飼育できるかもしれないです。多少水が汚れていても生きていけます。まぁ彼らにとったらストレスだと思いますが・・・。かかりやすい病気も特にないです。導入直後の白点と言われていますが実際どうなのかってところです。

彼らにとって良いと思われる条件
・隠れる場所
・たっぷりの餌
・多めの酸素
以上!こんな感じです。飼育条件をいろいろ変えてみた結果、酸素が多いときの方が生き生きしています。多いというのはフィルターとは別にエアレーションしてあげればいいと思います。混泳は基本的にOK!餌が行き届けば元気に育ってくれます。一枚目の写真のようにデブになりますよ。それがまた可愛い!!

この魚は普段は隠れ家でじっとしていますが、餌をやるともぞもぞ動き出してきて・・・!めちゃくちゃ可愛いです!丈夫だからといって雑に接してあげず可愛がってやってください。可愛くもありかっこよくもあるドラス、いいですよ~

参考程度に。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿